変な法話を聴聞しているよりずっといい

ますます、将来の夢に向かって意欲が湧いてくる植松さんのプレゼンを拝聴した。 私も将来の計画があります。人にはなかなか話しませんが、話すことで何かが開けることがあるかもしれないので、最近人に話すようにする。 1)みんなのお寺淨願寺の幼稚園開園 2)みんなのお寺淨願寺のケアホーム開園 死ぬまでに開園できるように努力していく! それには、いろんな方からの賛同を得なければならない。ご縁を大切にしていきながら、将来に向かって「いま」を大切にしたいものである。 植松さんのプレゼンを紹介したい。

「人の死」から「自分の死」へ

日本に帰国してからもう5年になる。それは住職になってから5年が経つということだ。あっという間の月日だ。そして今年で50歳を迎える。まだまだ僧侶として精進しないといけないところである! アメリカ生活で自身が活動してきたことを日本でいかに活かそうかということを模索しながら今日に至る。大事にしていることが「こころのケア」である。当然心身のバランスを整えないといけないということであるが。お坊さん、僧侶の生活というものは一番贅沢な生活をしていると私は思っている。世間一般の人たちがそれを(心身一如)できないことを我々が行じているからだ。特にお坊さんとお医者さんは心身を統一してみなさんの手本とならなければならないのだ。しかし、お医者さんでもお坊さんでも病に倒れることがあるのも確かだ。老病死は避けられないと説くのがお釈迦様だ。 心身を整えていく中で「人の死」ということに直面することがある。お坊さんに連絡があるのは、「たった今息を引き取ったところです。枕経(臨終勤行)お願いします。」ということだ。また、突然死で看取りもできないまま連絡があったり、自殺でお亡くなりになられた家族の方から連絡があったりと、「人の死」は様々だ。私は全ての「人の死」を受け止める。そして、家族・親族の方に寄り添い、故人様をお見送りするのである。お見送りした後は、「こころのケア」をしていく。残されたご家族の方の「こころのケア」である。7日ごとのお参りがそうである。それ以外に、ご家族から連絡があればお伺いしてお話を聴かせていただく。 アメリカにいた頃は、積極的に亡くなられた方のご家族と関わっていた。頻繁に連絡があり、「今来て欲

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

© 2016 by 浄土真宗本願寺派 淨願寺

  • c-facebook