死の縁に遭って、仏縁に会う

先日の法事での話: お亡くなりになられたご主人様の1周忌でのこと。 家族・親族様が御参集。 一同でお経を読み上げ、お焼香もし、御文章拝読に、法話をいう流れ。 法話のときには: お釈迦様の言葉「人間生まれたときには十分に歳をとっている」とお話させていただきました。 キサゴタミの赤ちゃんの死、また100歳まで長生きする老人。 しかし、どれだけ長生きしても必ず人間はいつかは死ぬ身: 故にお釈迦様の言葉が身にしみる。 如何に我々は生きるべきかと言うこと。 できるだけ善行を積むこと。残されたものは先に行くものの善行に導かれる。 今の私があるのは仏様(ご先祖様)のお導き:この命を大切にしたいものである。 と言う風に法話を続けた。 法話も終わり、お亡くなりになられたご主人様にお礼を申し上げ、合掌礼拝。 その後、お茶をいただき参拝者の皆様とお話: そこでのこと。 私は20年前に息子を亡くしました。そのときに「法話なんてお坊さんの話されることが嘘に聞こえた。信用できない」と。 しかし、浄土真宗の教えに出会ってから聴聞し始めました、と。 今では、「亡き息子は私に法に遭わせるが為に先に逝ったのだ」と。「息子の死の縁があって初めて仏縁に遭えた歓びを得ました。おかげで今はありがたいと思える人生を歩んでいます。」と。 「死の縁により仏縁に遭う(紙を通して生きる意味に出会う)」なんとありがたいことか。 合掌、

立木観音の世界

「人間は死ぬるために生きるのではない」という言葉をよく耳にします。「永遠の今を生きる」とかもよく聞きます。 人間は日に日に成長するのだろうか? 肉体的な老い、そして死へ向かう老人達。そうした中で人間の精神的な内面の深まりをいただいているのだろうか? 自己を掘り下げても何も見当たらない。掘っても掘っても底に到達しないのが仏教の教え。生きている限り、死ぬまで、そして死んでも掘り続ける。 掘っては消え、掘っては消え、成長していく。 それが「立木観音」の世界だ。 立木観音が木の成長とともに消えていく。 無常と空の世界 ー仏教の世界観だ アタッチメント(執着)は仏教ではいちばんの妨げになります。消えていくこと、消していくことが成長することとなるでしょう。そこで大切なことが「執着を離れる行」をしていくことです。 組内:「そない」(地域の僧侶の集まり)に老僧が目立つのだが、組長:「そちょう」(集まりの長)を経験している老僧が今でもやかましく発言するのはどうかと。ろくなことも組:「そ」のことに取り組んできていないのに、経験してきたから、昔のことを引き合いに出して「以前はこうやった」、「こうしてきた」と発言するのです。じゃあ、今はどうなのかなのですが、そこ(肝心な今)がない。過去に執着しているのです。私が発言しようものならいい顔しない。挙げ句の果てには、こちらから挨拶をしても無視をする老害。仏教をどう生きてきたのか?どう生きているのか疑問だ。この人は立木観音のように成長してはいないのだろう。情けない。 さて、老若男女、観音様のように成長したいものです。合掌、

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

© 2016 by 浄土真宗本願寺派 淨願寺

  • c-facebook