子供の頃、乳製品といえば牛乳を給食時に飲んでいたのを覚えている。それ以外の乳製品はなかったのではないかと思う。それが今は、乳製品といえば、チーズやヨーグルトなどもある。今の子供は、いろんな乳製品を摂取する。

そもそも日本人が乳製品を摂取するようになったのは、明治になって牛が輸入されてからである。それ以前は、乳製品に変わる発酵食品は納豆や漬物といった物。本来日本人の体にあった食品を日本人が考案したものである。例えば、週に2、3回の納豆の摂取は、脳卒中のリスクを30パーセントも軽減できるそうだ。

現代人は、乳製品を好むので体に変化が見られる...

Please reload

特集記事

子供の「見て」に応える重要性

December 2, 2019

1/10
Please reload

最新記事

October 1, 2019

Please reload

アーカイブ