海外生活が長いと(どこの国に行くかによるが)、「自己主張」が強くなるのは本当だろうか?

もしくは、私自身がそもそも持っている性質・気質からなのだろうか? 経験から言うと、その「環境に適応」してきた結果からなのだと思う。その経験とは言語化されると「I」の文化を重んじる英語圏の国で暮らせば必要に迫られて自己主張が強くなる、ということだ。

「I」(自分)で始まらなければ会話が成り立たないのが英語。常に「I」が中心である。日本で英語を勉強していても実際に「I」の表現をつかみにくかったのを覚えている。日本語では、「私は、…」で始めなくても文を理解...

Please reload

特集記事

子供の「見て」に応える重要性

December 2, 2019

1/10
Please reload

最新記事

October 1, 2019

Please reload

アーカイブ