検索
  • お坊さんパパのお話

コロナウィルスと私

3月のお寺の行事が中止となる中で、お彼岸のお勤めだけは執り行う予定です。本山もコロナの対応に追われているようで、相次いで行事を中止にしているようです。御門徒様のお宅に行きお彼岸参りをする場合は「マスク着用」でお経を称え、ご法話をさせていただきます。失礼ではございますがやむをえないことです。1日でも早く終息に向かえればいいことではあるのですが。 先日ですが、コロナにまつわることでSNS(FB)で上げられていたニュースに反応。ニュースの内容は、「コロナに感染して陽性の反応が出た男性が外出して飲食店でウィルスを撒いた」ということ。「そして、その席に座っていた方が感染してしまった」ということ。私が記事を読んで反応してSNS上にコメントしたのが、このおっさんの行動が犯罪になるだろうという思いから、「このおっさん!実名あげろ!」ということ。それに対して即座にSNS上で反応がありました。ある方から「私刑はあかんやろ!」ということ。この「私刑」という言葉に反論はしませんでした。なぜなら、このおっさん、いずれ裁かれるだろう(傷害罪)という思いでいましたから。私の思いは、「あかんものはあかんやろ」ということだけです。迷惑行為だということ。ありえへんやんということです。


そして私はこのおっさんの行動に対してSNS上で「自業自得、自己責任や!これは仏教の教え!」と書いたらある人から「それやから日本の仏教はあかんね」みたいな事を書かれました(ちなみにこの人は医者でクリスチャン)。この人にも反論はしませんでした。日本は日本人(この医者でクリスチャンの人)は「自業自得や因果応報」という事を日本仏教の教えやと勘違いしていますね。これはお釈迦様の教え。普遍的な教えです。だから私が言ったことは、「私刑」でもなく、「自業自得」が日本仏教でもないということです。当然、人間の言動によって起こされる原因と結果によるところなのです。

これから、問題行動を起こしたおっさんは退院した後、どうなるか今反省・猛省していることかと思われます。そして、被害を蒙った方、お店からはお叱りを受けることでしょう。しかと罰を受けて下さい(社会的制裁を受けて下さい)と言いたいです(この私の発言も「私刑」ですか?)。


日本人は、世界中の人から受ける印象は「礼儀正しい」「節度を守る」と言われています。誇りを持つべきです。今、日本が日本人がコロナによる言動で世界に与える影響は多大なものです。国民一人一人が考えて行動すべき時ではないでしょうか。経済もリーマンショック以上の厳しさと言われております。日本は見えない底を何度も見てきて、そして立て直してきました。人生には浮き沈みがあります。今は耐えながらそれを脱していくために前を向いて歩んでいく時です。政治も大変な時期です。この痛みを国民全体で共有しなければなりません。一人一人節度ある行動で共にこの極難にうち勝っていきたいものです。


合掌、

28回の閲覧

© 2016 by 浄土真宗本願寺派 淨願寺

  • c-facebook