あなた次第!

2018年もあっという間の一年であった。毎年月日が経つのが早く感じる。自分は地に足をつけてしっかりと歩を進めていたのだろうかと自問するのである。惰性になってはいなかったか? 毎朝鏡を見て今日の自分に何ができるか?何をしなければならないのか?を問うている。それが仏道を歩むものとしての心構えである。

2019年を迎えてさらなる精進をしなければと思うのである。力む事なく、前を向いてコツコツと。チャレンジする事を恐れず、精一杯生きる!

さて、寺子屋教室で子供達に見せた写真である。 「近頃の人は。。。」という。

子供達に”Bad people or Good people?”と尋ねると、”Bad people!”と言う。「じゃあ、みんななら困っている人がいればどうする?」と聞くと、”Help him!”と言う。4歳児から小学6年生までみんな声を揃えて言う。

みなさんに、見ていただきたい動画が2本ある。

このビデオは笑いを誘うプランク(悪ふざけ)であるが。

さて、みなさんならどうするか? “Should tell him/her or not?”

答えは、「言うか言わないかはあなた次第」ということ。私ならその人が困っていたら言ってあげます。笑い者にするのではなく、見て見ぬ振りをするのではなく。若い子供達(学生)では、言えないかもしれませんね。ビデオでの対象となる子供達は、誰も彼に彼女に何も言えなかった。

しかし、人生というのは「選び」である。その時その時に自分ならどうするか?常に問われている。そして、大人として子供達に幼少の頃から善悪の判断(選び)を伝えていきたいものである。合掌、

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

© 2016 by 浄土真宗本願寺派 淨願寺

  • c-facebook