Go to Heaven or Nothing

 

 

 

「人間死んだらどうなるの?」という問い。

 

仏教では、「人間死んだら仏に成る」という。

生きているときは、菩薩行(仏に成るための修行者)を歩む大乗仏教徒。

煩悩を抱える必要が無くなる時が人間死んだとき。

すなわち仏に成ること。

そして、仏と成って我々菩薩(残された者)を導いてくださる。

さて、最後に登場する老人は、亡くした奥さんにまた会えることを信じている。

私もかな。高校生の時に父を亡くして以来、命終えた時に父に会えたらなと思うことが最近多い

なぜなら、父が49歳で亡くなったからだ。私も今父と同じ年。

そして、親にいただいたこの命、健康で長生きして精進(大乗仏教徒として)したいものである。 
 

 

合掌、
 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

子供の「見て」に応える重要性

December 2, 2019

1/10
Please reload

最新記事

October 1, 2019

September 13, 2019

September 1, 2019

Please reload

アーカイブ