Go to Heaven or Nothing


「人間死んだらどうなるの?」という問い。

仏教では、「人間死んだら仏に成る」という。 生きているときは、菩薩行(仏に成るための修行者)を歩む大乗仏教徒。 煩悩を抱える必要が無くなる時が人間死んだとき。 すなわち仏に成ること。 そして、仏と成って我々菩薩(残された者)を導いてくださる。 さて、最後に登場する老人は、亡くした奥さんにまた会えることを信じている。 私もかな。高校生の時に父を亡くして以来、命終えた時に父に会えたらなと思うことが最近多い なぜなら、父が49歳で亡くなったからだ。私も今父と同じ年。 そして、親にいただいたこの命、健康で長生きして精進(大乗仏教徒として)したいものである。 

合掌、

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

© 2016 by 浄土真宗本願寺派 淨願寺

  • c-facebook