ありがとう!

“a”は、”apple”の”a”。”b”は、”bird”の”b”。… “q”は~?、”イッテQ”の”Q”と。お寺に集まる子供達が英語教室でいつも言う。“q”は~?と聞くと、”イッテQ”の”Q”と。未就学児から小学生までみんなが観ているイッテQ! そして子供達が好きな芸人さんが、出川哲朗さんだそうだ。

先日、彼の動画を観た。「亡くなった方に何か言いたいことがありますか?」と言う動画である。

昨日、平成最後のお通夜式を勤修した。そして今日は令和になり葬儀告別式を執り行った。最後のお別れ(告別式)で、御参集なされた方々がお棺に花束を手向けられる。そして、お一人お一人が亡き人にお声を掛けられる最後の言葉。

さて、皆さん最愛の人を失って言葉を掛けられるとしたらどのような言葉ですか?

出川さんが、亡くなったお母さんに生前に声を掛けたかった言葉が、「ありがとう! お疲れ様。」であった。 出川さんがそうでなかったが、今、生きている時に最愛の人に伝えたい言葉、言っておきたい言葉を言うべきだと思う。亡くなってからでは遅いのだ。「今」である!

私自身、父の死の前に声を掛けてあげることが出来なかった。「ありがとう!」が言えなかったのである。しかし、今、この歳になって父に「ありがとう! お陰様で」と仏壇を前にして言えるのである。「(父が)生きていればなあ?」と思う時も今でもあるが、今は感謝でしかない。
元気な80歳の母には今は「いつもありがとう」と素直に言える。そして、坊守(嫁)さんにも。

皆さんは、「今」最愛の人にどんな言葉を掛けてあげれますか?

合掌、



PS. 出川さんの動画はYOUTubeで観てください。

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

子供の「見て」に応える重要性

December 2, 2019

1/10
Please reload

最新記事

October 1, 2019

September 13, 2019

September 1, 2019